2022年01月25日

円空仏色エンピツ画・日光市・輪王寺・薬師如来坐像

円空仏色エンピツ画・日光市・輪王寺・薬師如来坐像(県指定文化財)
総高63.6cm、像高42.6cm

A787430B-3CA6-42F0-BDB9-23D0608F9D65.jpg

(円空 笑う・満面の笑み)

円空仏の魅力はその笑顔でしょう。
通肩(つうけん=僧の袈裟の着方、両肩をおおって着ている)に衣をまとい、
膝上で両手を重ね、大きな耳を出し、薬壺を持って蓮台上に座っている。
背面は大きくはつり、例によって平らになっている。
円空特有の三角形の鼻に切れ長の目で、口元に笑みを浮かべている。
笑い薬師とも呼ばれるそうで、輪王寺別院の中禅寺に伝来したそうです。
posted by ミルクジジ at 04:14| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

円空仏色エンピツ画・春日部市・観音院・伝毘沙門天立像

円空仏色エンピツ画・春日部市・観音院・伝毘沙門天立像(総高134cm、像高115.5cm)(A4版)
(埼玉県立歴史と民族の博物館寄託・県指定文化財)
701B93BC-701B-41E7-B328-BC2D45655274.jpg

頭上に大きな龍の頭を頂き、胸の前に両手で宝塔を捧げ持ち、岩座上にやや足を開いて立つ。頭は毛筋を刻んでいる。両肩から肩掛けのようなものを掛けているが、甲冑を表しているのか。背面は平らに整えている。

ケープ状の頭巾には竜頭の兜が描写されている。



posted by ミルクジジ at 05:34| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

円空仏色エンピツ画・滋賀県・太平町保管・十一面観音菩薩立像(B4版)

円空仏色エンピツ画・滋賀県米原市・太平寺観音堂・十一面観音菩薩立像(180cm)(B4版)

15981E04-9D86-4D70-B89F-8B1F35D81852.jpg

ガラスケースに入った円空仏、細く大きい。
元は伊吹山の中腹にあった太平寺のご本尊であったそうです。
ポッコリとしたお腹で、その部分だけやや光沢感があり、これは安産の仏として人々にさすられた跡だといいます。

こんな大きな十一面観音を桜の木で仕上げた期間がたったの4日間だったとか、
この円空の気力と並々たるパワーに発想力、技力に驚くとともにもう心酔してしまいます。


posted by ミルクジジ at 04:37| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

円空仏色エンピツ画・飛騨千光寺・両面宿儺坐像(ver4)(B 4版)

円空仏色エンピツ画・飛騨千光寺・両面宿儺坐像(ver4)(B 4版)
A967177C-1A88-4C6A-A72D-45932DA66C9A.jpg

両面宿儺坐像は、かつてver1〜ver3をバージョンアップしてB 4版にて描いてみました。
さすがに時間は倍ぐらいかかりました。

・ver1 2019年07月07日 顔一面 (B5版)
・ver2 2021年03月24日 胸上ニ面(  〃 )
・ver3 2021年08月03日 顔ニ面 (  〃 )

両面宿儺(すくな)は、仁徳天皇代の飛騨の豪族で、千光寺の開祖、頭の前後に顔があり、胴には手足がそれぞれ4本、飛騨の山地を開拓し、弱い立場の飛騨人を外敵から守ろうとしたという。(像高87.7cm)


posted by ミルクジジ at 05:53| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

円空仏色エンピツ画・青面金剛神立像・岐阜今井家

円空仏色エンピツ画・青面(しょうめん)金剛神立像・岐阜今井家(像高50cm)(B4版)」

200BDFCB-1AD5-4ED2-B15F-E68D854A2AB8.jpg

庚申とも呼ばれ、道祖神のように路傍に立って災難を除くための庶民信仰で広くいきわたっていた。

円空は各地に青面金剛神を残している。
今井家蔵のは、三面立像で足元に三猿がいて、背面に「青面金剛神、元禄四年」の墨書きがあり、今井家に滞在したことが明らかで、貴重のものであるようです。また、付近の民家、神社には多くの円空仏を残しているようです。
posted by ミルクジジ at 05:45| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

謹賀新年、一富士二鷹三茄子と円空仏

謹賀新年 一富士二鷹三茄子と円空仏

B7E57A6D-F124-402C-ABF5-8C8AE836D3BA.jpg
2022年、令和4年、平成で34年、昭和なら97年の寅年で明けました。

今年も、円空仏が続きます。(大B4版、中A4版、小B5版、小小2L版)

本年もよろしくお願いいたします。
posted by ミルクジジ at 10:14| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

円空仏色エンピツ画・岐阜県羽島市・中観音堂(羽島円空資料館)・不動明王像

円空仏色エンピツ画・岐阜県羽島市・中観音堂(羽島円空資料館)・不動明王像


D8B6C273-05FD-48A7-B98E-DEAA9DEDA0AF.jpg

円空生誕の地が現在の羽島市で、本尊の「十一面観音像」(222cm)をはじめ17体の円空仏が安置されていて、間近に見られます。
また、隣接して「円空上人産湯の井戸」があります。
円空仏は優しそうで、慈愛に満ちたやわらかい顔をしています。本来厳めしい表情の多い不動明王などまで、やわらかい表情をしています。
posted by ミルクジジ at 05:37| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

円空仏色エンピツ画・青森県・西福寺・地蔵菩薩立像

円空仏色エンピツ画・青森県・西福寺(さいふくじ)・地蔵菩薩立像 (B4版)

56E8648D-936F-45C3-AC77-A41F91416592.jpg

青森県内に円空仏は17体あり、2体あるのは恐山菩提寺とここ西福寺のみとのこと。
1667年頃、蝦夷地(北海道)での造像修行の後、弘前城下再訪時に彫ったものだそうです。
等身大で半肉彫りは、多数の円空彫りの中でも津軽、下北と秋田に集中していて、良材に恵まれたことと、地域から礼拝像の依頼があったためであろうということです。胸前に宝珠を捧げる姿が礼拝者に安心感を与える。
2体のうち、他には十一面観音像がある。
場所は、弘前市大字新寺町。



posted by ミルクジジ at 04:39| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

円空仏色エンピツ画・滋賀県・大平観音堂・十一面観音菩薩立像

円空仏色エンピツ画・滋賀県・大平観音堂・十一面観音菩薩立像

30C08778-C7F2-49A7-A762-E306163DCDA8.jpg

滋賀県米原市にある大平観音堂

ここには円空がわずか4日で掘り上げたとされる、像高180cmを超える大きな十一面観音像がある。

県内9体あるうちの1体で、円空晩年の作。大きくお腹を膨らませた像で、「安産の観音さん」と親しまれている。

優しく微笑んだ穏やかな表情、ガラスケースに収まっていていろんな角度から見ることができる。

背面に円空自筆の墨書きがあり、わずか4日で彫り上げたのがわかるようです。
posted by ミルクジジ at 04:25| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

円空仏色エンピツ画・名古屋市千種区・鉈薬師堂・十二神将像(申)

円空仏色エンピツ画・名古屋市千種区・鉈薬師堂・十二神将像(申)(B4版)

20285F2C-D6E9-4AC6-9BF3-4415533DFB4E.jpg

紅葉山鉈薬師堂は、毎月21日10時から14時まで、医王堂、通称「鉈薬師堂」内に安置されているご本尊(薬師如来像)と円空仏17体が公開される。鉈薬師堂の名は、円空の鉈彫りから名付けられたもの。

申像は両手で宝棒を握っている。顔と怒髪体部の深い彫りなど辰像に似ていて、メリハリがあり勢いがある。
ちなみに、辰像は龍の中で最高傑作で、この申像は顔が向かって右にあるが、辰像は正面左を向いている。
渦巻き雲模様の彫りは比較的浅い。
posted by ミルクジジ at 09:03| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする