2019年11月22日

水彩画風スケッチ・奈良県桜井市・談山神社・十三重塔

水彩画風スケッチ・奈良県桜井市・談山神社・重要文化財「十三重塔」


5504DC41-093A-4065-A671-A6D9E6F18C07.jpg

談山神社(たんざん じんじゃ)は、奈良県桜井市多武峰(とうのみね)にある神社紅葉の名所で、神仏分離以前は寺院であり、多武峯妙楽寺といった。




桜井市の東側に鎮座する「談山神社」。シンボルでもある重要文化財「十三重塔」は圧巻!

紅葉シーズンには背景に哀愁漂う紅葉が広がり、美しい光景を見せてくれる。見頃は例年11月上旬〜11月下旬。3000本ものカエデに包まれる美しい情景から「関西の日光」とも呼ばれている。また、大化の改新にちなんで、毎年11月3日に行われる「けまり祭り」が有名。

posted by ミルクジジ at 05:32| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

神社スケッチ・山形県南陽市・東北の伊勢・「熊野大社」拝殿

神社スケッチ・山形県南陽市・東北の伊勢・「熊野大社」拝殿


熊野神社は、山形県南陽市にある神社で、正式名称は熊野神社であるが、通常は、熊野大社通称の方が用いられている。


CC3DA2CB-CF9C-4160-BAF0-1710628ADB9D.jpg



東北の伊勢」と呼ばれる「熊野大社」は、南東北の温泉地として有名な山形県南陽市「赤湯温泉街」から車で5分ほどのところにあり、JR奥羽本線赤湯駅からも車で5分ほど。まずは、白く大きなとても美しい鳥居をくぐることになる。


47段の階段を上ったその先の境内には「本殿」「拝殿」「社殿」などがあり、優しい自然のパワーに包まれているかのような空間に、長い年月を経たいくつもの木造建築が静かに佇むさまは、とても厳か。

山形県内最古の「茅葺建築」である「拝殿」には、見事な龍の彫刻が施され、どっしりとした風格が漂います。山形が誇る荘厳なこちらの拝殿で参拝すれば、運気もあがり、「恋愛成就」「健康祈願」など、どんなお願いことも叶いそうな。


「熊野大社」の拝殿は「南陽市指定重要文化財」で、拝殿の他にも、多くの建物や彫刻、工芸品などが山形県指定、南陽市指定の文化財となっている。日本の歴史や文化が好きな旅人にはとても興味深く、心ときめくスポットと言えそうです。








posted by ミルクジジ at 06:57| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

神社スケッチ・京都随一のパワースポット!著名人も訪れる「車折神社」(芸能神社) で運気UP

神社スケッチ、京都随一のパワースポット!著名人も訪れる「車折神社」(くるまざきじんじゃ) (芸能神社)で運気UP

京都・嵐山の開運神社「車折神社」​は知る人ぞ知る神社で、良縁・金運・学業・厄除け・芸能(芸術)にご利益のある京都随一のパワースポット。また、境内にある「芸能神社」や「清めの社」はTVや雑誌で取り上げられるほどの人気。著名人もお忍びで訪れる。


8E81D98F-0512-4D0D-BA55-01923DA21181.jpg
    (芸能人や著名人の朱の玉垣がズラリ、石鳥居、円錐形の立砂も)

パワースポット「清めの社」
裏参道より本殿入口付近に出る「石鳥居」の脇にある、「石をモチーフにした円錐形の立砂」には、金銭・恋愛・容姿・人気に関する悪い運気や因縁を浄化するパワーがあります。心身を清めてくれると言われているので、本殿に行く前に参拝するのがおすすめ。

また、「清めの社」を写真に撮って常に身につけておくと運気がアップするとも言われている。

その名の通り、あらゆる芸能・芸術にご利益がある神社で、ロケやお忍びでたくさんの著名人が訪れており、朱の玉垣にも名前が多く見られ、その数はなんと現在約4,000枚が奉納されているそうです。

数々の成功者が懇意にしているだけあり、そのご利益はお墨付き。音楽活動や役者を目指している方とか、華道や書道、絵画などのスキルアップを目指す方も、ぜひ参拝してみてはといかがでしょう。
posted by ミルクジジ at 10:08| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

国宝・神社スケッチ・岡山吉備津神社







国宝・神社スケッチ・岡山吉備津神社

全国で唯一の様式の社殿「吉備津造り

古代の謎に包まれた岡山吉備津神社は人生を豊かにするパワースポット

「気分一新で新たなことにチャレンジしたい!」という前向きな人に、なかなかお目にかかれないユニークな神社。




432BCC2A-E1C7-4CAB-B5F0-64331F9A487B.jpg

足利義満造営とされる「本殿」は独特の「比翼入母屋造」(吉備津造り)で、「拝殿」とともに国宝に指定。また社殿3棟が国の重要文化財指定されている。

入母屋の「千鳥破風が前後に2つ並んだ大きな屋根は、夫婦が仲良く寄り添っているようにも見える「比翼入母屋造り」。

全国でもここでしか見られない様式の為「吉備津造り」とも言われていて、国宝に指定されている。

京都の八坂神社に次ぐ大きさで、桁行約14.6m、梁間約17.7m、棟高約12m、建坪は78坪。拝殿は本殿の正面に付いていて、元々本殿と拝殿を一体のものとして設計していたそうです。


posted by ミルクジジ at 09:36| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

縁起物・「十日えびす」「福男選び」の西宮神社・本殿スケッチ






縁起物、「十日えびす」「福男選び」の西宮神社・本殿スケッチ


西日本では常識かも、商売繁盛を願う ”十日戎(えびす)”

十日戎とは、「漁業の神」「商売繁盛の神」「五穀豊穣の神」として有名な「七福神」の戎 (恵比寿) 様を祀るお祭りです。
毎年1月9日から3日間行われ、9日を宵戎(よいえびす)、10日を本戎(ほんえびす)、11日を残り福といいます。


3EEBDE54-C36C-44B5-8DEB-F4C40657A0A4.jpg


日本三大えびす神社

 実は、以下の3つの神社は、「日本三大えびす神社」と呼ばれている。

 ・西宮神社(兵庫県)

 ・今宮戎神社(大阪府)

 ・京都ゑびす神社(京都府)

中でも西宮神社は、十日戎の早朝に行われる「福男選びで有名です。

「十日戎」自体は知らなかったけれど、毎年テレビで中継されている「福男選び」なら知っているという方も多いはず。

十日戎にはなにがあるのか

戎様は「漁業の神」「商売繁盛の神」「五穀豊穣の神」として有名で、関西では特に、「商売繁盛」の神様として厚い信仰を集めてきました。そのため、十日戎には商売繁盛を願って訪れる方が多いようです。

商売繁盛を願うお祭りというと、関東には「酉の市」があります。

本えびす」の10日、えびす神社の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)で、本殿までの一番乗りを競う恒例の「開門神事福男選び」が行われ、午前6時の開門と同時に、参拝者が約230メートルの参道を駆け抜けた。

江戸時代から続く神事で上位3人が「福男」になる。今年の「一番福」は、広島県福山市の消防士、山本優希さん(22)だった。

posted by ミルクジジ at 07:58| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

受験生の皆さん、京都最強の学問の神へ「合格祈願」北野天満宮で初詣で






【京都神社めぐり】受験生必見!

入試直前に京都最強の学問の神へ合格祈願☆京都「北野天満宮」


初詣に北野天満宮へ。 
天神信仰の発祥の地であり、学問の神・菅原道真公をご祭神とする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社・北野天満宮。


2EF3CED0-9F12-4E63-90B2-DBC7DBC3FC00.jpg
本殿(国宝)と透塀(重要文化財)および後門(重要文化財、スケッチ左方)〕

北野天満宮は、京都市上京区にある神社

通称として天神さん北野さんとも呼ばれる。福岡県の「太宰府天満宮」とともに「天神信仰」の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている。

昨年末から楼門に上がっている今年の干支・亥の大絵馬。天神さんらしく、背景には紅梅が。

三月末日まで毎朝御神前で御祈祷してもらえ、さらに御守、御札、絵馬、必勝はちまきなどの一式おさがりも授与される。最後の駆け込み祈願だ。

さあ、受験生のみなさん、京都最強の学問の神・北野天満宮で「合格祈願」しておきましょう。


posted by ミルクジジ at 08:56| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

初詣で・朱色がまぶしい八幡様の総本宮・国宝「宇佐神宮」スケッチ


初詣で・朱色がまぶしい八幡様の総本宮・国宝「宇佐神宮」スケッチ

宇佐神宮は、大分県宇佐市にある神社で、全国に約44,000社ある八幡宮の総本社。「石清水八幡宮」「鶴岡八幡宮」とともに「日本三大八幡宮」の一つ。

大分・宇佐エリアでの初詣でには、大きな朱色の「宇佐鳥居」が出迎える「宇佐神宮」。


370878DB-5FAF-4C84-A8B7-279BE3FCAF6E.jpg

本殿は小高い丘陵の小椋山(亀山)山頂に鎮座する「上宮」とその山麓に鎮座する「下宮」とからなり、その周りに社殿が広がっている。境内は国の史跡に指定され、本殿3棟は『国宝に指定されている。

パワースポットが点在する広い境内を開運散歩

「上宮」「下宮」は共に「八幡大神をお祀りし、国家・国民を守護している。
上宮は華やかな朱色の世界であり、パノラマで展開する本殿の美しさには圧倒される。

上宮廻廊の壁の木枠からは、宇佐神宮の奥宮がある御許山を眺めることもできる。境内には主祭神の八幡大神が顕現したといわれる菱形池や、御霊水といったスポットもあり、たくさんのパワーがもらえそうな神社です。

posted by ミルクジジ at 09:09| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

天智天皇を祀った「近江神社」で初詣で、神社スケッチ







天智天皇を祀った『近江神宮』で初詣で、神社スケッチ


ちはやふる」舞台・時の守護神・近江神宮


滋賀県大津市にある「近江神宮」は、第38代の天智天皇によって営まれた大津宮の跡地に建てられた神社。
祭神として祭られる天智天皇は、「大化の改新」を実行し激動の人生を歩んだ運命開拓の神といわれる。また日本で最初の時計『漏刻』を採用した事から「時の守護神」ともいわれている。アニメ化もされた人気漫画「ちはやふる」の舞台としても要注目の近江神宮です。

1FA05762-41D2-4014-898D-A021199C4286.jpg

     (近江神宮の楼門、入って左、この絵では右下に漏刻が)


大津京を開いた天智天皇を祭神とする。約20万m2 (20ha) の境内には、朱塗りの楼門のほか、「昭和造」や「近江造」と称される拝殿本殿が立ち並ぶ。また楼門を入った左手には、漏刻〔ろうこく〕(水時計)を設けて初めて時刻制度を確立した天智天皇にちなんで造られた、「時計館宝物館」もある。百人一首かるた名人戦など「かるたの聖地」としても知られる。建物の多くは「登録有形文化財」に指定されている。平成28年(2016)に楼門屋根葺き替え工事を行った。


ここ近江神宮は、飛鳥よりこの地に都を遷した第38代天智天皇を祭神としてお祀りしている。天智天皇が詠んだ「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」という歌が百人一首の第一番として選出されており、その縁から、近江神宮は「かるたの殿堂」とも言われる。1月にはかるた名人位、クイーン位決定戦、7月にはかるたの甲子園といわれる「全国高等学校かるた選手権大会」が催されるなど、数多くの競技かるたの行事が開催されている。

posted by ミルクジジ at 08:58| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

神社スケッチ・太宰府天満宮・本殿 ( 国の重要文化財 )




神社スケッチ、太宰府天満宮・本殿 (国の重要文化財)


「学問の神様」で知られる天神様、菅原道真公が祀られる福岡の太宰府天満宮は、受験の際にお世話になることも多いでしょう。

1年の汚れ、すっきり 恒例のすす払い 福岡の太宰府天満宮

太宰府天満宮で6日、国の重要文化財である「本殿」すす払いがあった。年末の恒例行事で、狩衣(かりぎぬ)、烏帽子(えぼし)姿の神職8人が午前9時すぎから、長さ約4メートルのササ竹で本殿の天井や梁(はり)など、この1年間でたまったすすやちりを払い落とした。神職たちは本殿内にある、幕末から明治にかけて活躍した公家の三条実美(さねとみ)が奉納した灯籠やおはらい台など調度品も移動し、隅々までほこりを落とした。


AC5D5ED0-089E-4D91-AE5F-AE00430B8759.jpg


『 明治維新の策源地 』

天神さま」と親しまれる天神信仰も、太宰府天満宮が発祥の地。そもそも「天神さま」とは、道真公に「天満大自在天神」という神様の御位を与えられたことが起源。学才豊かだった道真公ゆえ、学問のイメージが強いが、天神信仰は平安以降さまざまな変遷をとげ、現在では「学問・至誠・厄除けの神様」として崇敬を集めている。


また、太宰府天満宮は、幕末に尊王攘夷派の5人の公家「五卿」が滞留したことから、坂本龍馬西郷隆盛土方久元をはじめとする多くの幕末の志士たちが訪問し、「薩長同盟」を結ぶきっかけを生み出した。

五卿の一人である東久世通禧(ひがしくぜ みちとみ)の日記に、「土州藩坂本龍馬面会、偉人ナリ奇説家ナリ」という記録もあるように、龍馬がここで過去について調べ、西洋の新しい知識と五卿の見解を得て、温故知新や和魂漢才( わこんかんさい = 学問 )を改めて唱えたという経緯から、太宰府は「明治維新の策源地」とも言われている。


菅原道真京の都を去る時に詠んだ

東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」は有名。


  • 詩吟  九月十日<菅原道真>
  • 去年の今夜 清涼に待す
    秋思の詩篇 獨り斷腸
    恩賜の御衣は今此こに在り
    捧持して 毎日餘香を拝す

posted by ミルクジジ at 09:57| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

水彩画風スケッチ・日本の世界遺産建築物ベスト25の2位・厳島神社









水彩画風スケッチ、日本の「世界遺産建築物」ベスト25の2位・厳島神社


日本三景」(松島・天橋立)のひとつである「安芸の宮島」にある厳島神社。

A7FBB6DE-78AC-4670-AB01-41DD0422A8A9.jpg


この神社は「満潮時には海に浮かぶ」という画期的な構想のもと、593年(推古天皇元年)に創建されており、1168年(仁安3年)に平清盛が行った大造営の時に現在見ることができる社殿の原型が造営された。

それから約800年後の1996年(平成8年)にメキシコで開かれた第20回ユネスコ世界遺産委員会で、同じく広島県にある「原爆ドーム」とともに「世界文化遺産」に登録された。

また神社建築と言われる部類の中においては、海上(水上)に社殿が造営されている稀有なケースであり、ユニークで、ド肝を抜かれるようなアイディアのもとに建造されている。

世界遺産の評定は当該・建造物とその周囲の自然との共存と言う観点からも評価がなされる。

自然との共存と言う観点から見た場合、厳島神社は海上(水上)に造営されており、社殿の背後には「弥山 (みせん)」と言う「山」が位置し、海・山の境界に造営されている。

弥山(みせん)は宮島(厳島)の中央部にある標高535 mので、古くからの信仰の対象になっている。〉

そして上述のように、創建以降の度重なる再建、及び修造にもかかわらず、平安の創建時の様式を留めている数少ない貴重な建造物。

まさに、日本が世界に誇る世界的遺産いえるでしょう

posted by ミルクジジ at 08:56| Comment(0) | 神社参拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする