2022年01月10日

円空仏色エンピツ画・飛騨千光寺・両面宿儺坐像(ver4)(B 4版)

円空仏色エンピツ画・飛騨千光寺・両面宿儺坐像(ver4)(B 4版)
A967177C-1A88-4C6A-A72D-45932DA66C9A.jpg

両面宿儺坐像は、かつてver1〜ver3をバージョンアップしてB 4版にて描いてみました。
さすがに時間は倍ぐらいかかりました。

・ver1 2019年07月07日 顔一面 (B5版)
・ver2 2021年03月24日 胸上ニ面(  〃 )
・ver3 2021年08月03日 顔ニ面 (  〃 )

両面宿儺(すくな)は、仁徳天皇代の飛騨の豪族で、千光寺の開祖、頭の前後に顔があり、胴には手足がそれぞれ4本、飛騨の山地を開拓し、弱い立場の飛騨人を外敵から守ろうとしたという。(像高87.7cm)


posted by ミルクジジ at 05:53| Comment(0) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: