2018年12月26日

仏像スケッチ・奈良興福寺・阿修羅像は推定23歳、「悲しみ」の感情が強い

仏像スケッチ、奈良興福寺・阿修羅像は推定23歳、「悲しみ」の感情が強い


奈良大学、MicrosoftのAIで仏像の表情を分析


奈良大学の学生プロジェクトが、Microsoftの学習済みAI「Cognitive Services」を活用して、216体の仏像の表情を分析し、推定年齢や感情を割り出した。


7E0DEDE1-F970-41F0-A92F-8CDDE6EFA65B.jpg

             (奈良興福寺の阿修羅像は推定23歳の若さ)


同プロジェクトは、仏像の写真から顔貌を客観的に分析する試みで、Cognitive Servicesの「Face API」で年齢、性別、笑顔など、顔の特徴を検出し、「Emotion API」で表情から読み取れる感情を測定した。


奈良興福寺の阿修羅像は、正面からの写真を用いて測定したところ、推定23歳という結果になった。

感情分析では、「怒り」「軽蔑」「嫌悪感」「恐怖」「喜び」「中立」「悲しみ」「驚き」の8つの感情を数値化し、傾向を分析。飛鳥時代の仏像の表情は「喜び」の数値が高く、奈良時代と鎌倉時代では「怒り」の数値が高いという傾向が分かった。


また、仏像の種類ごとに各感情測定値の平均値を算出したところ、悟りを開いた「如来」や悟りを求めて修行する「菩薩」をはじめ、多くの仏像で「中立」の数値が高かった。あえて感情を表さない中立的な表情にすることで、拝む者の心の状態によってさまざまな表情で認識される効果を狙った造像の可能性もあるという。

posted by ミルクジジ at 18:54| Comment(1) | 観音菩薩像や人形・人物画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう読まれましたか、
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by omachi at 2018年12月29日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: